トップページ

2007年5月

CR必殺仕事人Ⅲプレミア動画!濡れ場発見!

CR必殺仕事人Ⅲプレミア動画!濡れ場発見!

Photo_1 京楽から「必殺仕事人 激闘編」の後継機「ぱちんこ必殺仕事人3」が登場。必殺仕事人は必殺シリーズの第15弾として、1979年5月18日から1981年1月30日にかけてテレビ朝日系列で放映された時代劇である。ぱちんこ必殺仕事人3でも中村主水をはじめとした仕事人たちの活躍は健在。

演出面でも前作で好評だった閃光演出を受け継ぎながら、予告演出やリーチアクションにさらに新しい要素を取り入れている。まずは、ぱちんこ必殺仕事人3からの採用となる新枠で上部と下部に設置された可動型ランプ「エキサイトビーコンライト」や、従来のボタンに十字キーを追加した「新チャンスボタン」の新機能。特に注目すべきなのがハンドルが光るP-フラッシュ予告。変動開始時やリーチ直後など、様々な場面でハンドル内部のランプが閃光を放ち「キュイン♪」の音と共に超激アツを告げる。震えれば大当り確定の「Pーバイブ」も搭載。CRぱちんこ必殺仕事人3は前作からのファンにはもちろん初めての打ち手からも見逃せない内容のパチンコ台になっている。

Photo_2CRぱちんこ必殺仕事人Ⅲ【必殺通常時】
京楽of京楽。
京楽の名門ブランド機種を、PCGがどこよりも熱く!!完全解析。
技術介入で勝てる機種。
それが必殺仕事人Ⅲです。

京楽といえばバトル系とマイルド系に分けられますが、
この必殺仕事人Ⅲは後者のマイルドタイプです。
さらに冬ソナやアタックNo1よりもスペックが甘く、
低投資で大当たりを期待出来る機種となっております。
そんな必殺仕事人Ⅲをさらに甘く、さらに勝ちやすくするのがこの「必殺通常時」です。

京楽の代名詞ともいえる光・音・演出。
そのDNAはもちろん本機種でも受け継がれています。
さらにその集大成ともいえる豪剣フラッシュとP-フラッシュ。

そのような演出を最大限に楽しむためには、やはり技術介入は必要です。

台の状態を見抜く「CLASS判別」
熱い時間を逃さない「リーチキャンセラー」
そして必殺仕事人Ⅲのシステムを理解する「内部システムへの理解」

これらを10数ページの濃縮したレポートこそが「必殺通常時」です。

ぜひ「必殺通常時」を最大限に活用し、光と音と演出が奏でる
仕事人の醍醐味を思う存分堪能し勝利を手中に収めて頂ければ幸いです。

Photo_3

                                                                                                                                                   

【CR必殺仕事人のプレミア動画発見☆濡れ場全開★】

Photo_4

                                                                                                                     

【画像をクリックしてけば無料で見れました♪必見です☆】

Photo_5

【時代劇エロです♪無料配信中】

|

トップページ